生理痛をアロマで和らげることは可能?

生理痛をアロマで和らげることは可能?

アロマ

アロマというのは、若い女性の間でとても人気になってきています。エッセンシャルオイルの香りというのは、リラックス作用があるだけではなく、内分泌腺を刺激して、ホルモンが分泌されやすくなる作用もあります。そのため、アロマが人気になってきているのです。エッセンシャルオイルには、嗅覚を刺激する作用があり、嗅覚神経が刺激されて、視床下部へと伝わります。

 

この視床下部は頭の中にあるのですが、体の機能のコントロールをする役割を持っています。この視床下部を刺激することによって、安心感やリラックス、快感などをもたらすことになります。そして、自律神経も安定するようになり、ホルモンの分泌も活性化されやすくなるのです。

 

ホルモンの分泌を活性化させることによって、ホルモンバランスも整えることができるようになります。ホルモンバランスを整えることによって、成立を和らげることもできるようになるのです。

 

アロマで使われている精油は色々なものがあるのですが、その中には、生理痛に良いとされている精油も何種類かあります。たとえば、ジュニパーやイランイラン、ラベンダー、ゼラニウム、ローマンカモミール、ラベンダー、クラリセージ、マージョラムが生理痛を緩和する作用があるとされています。※アロマ以外にも生理不順に良い作用をもたらすサプリメントもあります。

 

植物オイル20mlに、これらの精油を5滴前後入れるようにしてアロマをしましょう。また、1種類だけではなく、複数の精油を使うことで、効果を高めることも可能だとされています。

 

例えば、キャリアオイル20mlにラベンダー2滴、ローマンカモミールを2滴、マージョラムを1滴混ぜたり、キャリアオイル20mlにジャスミン1滴、クラリセージ2滴、そしてローマンカモミールを3滴入れるといったブレンド方法があります。

 

大体の場合、芳香浴がポピュラーとなっているのですが、お湯と精油を混ぜるようにして、タオルに浸してから患部に浸透させるようにしたり、下腹部に精油を塗って浸透させるようにマッサージをするといった方法があります。