酵素ダイエットとは

酵素ダイエットとは

酵素には、消化酵素と代謝酵素という2種類があります。消化をするために使われる酵素と、新陳代謝や免疫力などの向上に使われる酵素です。

 

酵素の全体量は個人の体内酸素生産量から換算され、一生に消費される量が決まっています。食べ過ぎて消化酵素を大量に生産してしまうと、代謝酵素の生産量が少なくなり、太ってしまうということも起こります。

 

逆に、病気等を治す為に代謝酵素を沢山作らないといけなくなれば、消化酵素を使わなくても良いように食欲がなくなるという現象が起こります。

 

酵素ダイエットは食物酵素を体の中に取り込むことで、代謝酵素の働きのみに利用させるというダイエット方法です。新陳代謝を促し、体内の毒素を排出するということに長けたダイエット方法といえます。

 

酵素ダイエットを行うと、今までより体内に入る食物酵素が多くなります。そのため、発疹や下痢などの副作用が出る事があります。

 

これは、食物酵素が増えた事によって腸の働きが突然活発になり、体がびっくりして起こした現象と考えられます。短期間の症状なら問題ありませんが、体質的なものや、他の病気にかかっている時にダイエットを始めたなどの原因もあり得ます。

 

酵素の分量が良く分からず、飲み過ぎてしまったなどの原因も考えられます。正しい方法で酵素ダイエットを続けていれば、体が慣れてきてこのような症状も治まります。

 

ただし、発心や下痢が何日間も続く場合は、一旦酵素ダイエットを中断して下さい。また、酵素ダイエットを中断しても症状が引かなかったり悪化してきた場合は、ただちに病院へ行く事も必要です。

 

酵素ダイエットは、ほとんどの方は副作用もなく、健康的にダイエット・デトックスを行えます。しかし、事前によく吟味して、よく理解・納得した上で、ダイエットを始めることが重要です。