酵素ダイエットの回復期の復食と食べ方

酵素ダイエットの回復期の復食と食べ方

酵素ファスティングダイエットは、数日間続けて行うダイエットです。
成功の秘訣は、ダイエットの事前と事後の食事制限となります。

 

例えば、2日間の酵素ファスティングダイエットを始める前には、ダイエットをスタートするための体を作ることが大切です。ダイエット後に、リバウンドしない体を作る工夫が必要なのです。

 

ダイエットを行う直前の食事は、食べ納めとばかりについついたくさん食べてしまいがちです。しかし、断食にも似た酵素ファスティングダイエットを始める前には、徐々に食事の量を減らしていくことが肝心です。

 

いきなり酵素ドリンクだけの摂取生活になっても、驚かない体を作る事が必要なのです。そのため、朝→昼→晩と少しずつ食事の量を減らし、動物系の食材を控えることがダイエットの成功率を高めます。

 

特に、ダイエット後の回復食は重要です。

 

ダイエットが終わった途端にすぐに通常食に戻してしまうと、せっかく毒素が抜けて健康になった体をダイエット前に戻してしまう結果となります。また、酵素ファスティングダイエット中は固形物を摂らないため、胃腸が働いていない状態になっています。

 

ダイエット後に、突然胃腸をフル回転させてしまうと、胃が荒れたりする症状が現れる場合もあります。ダイエット終了後は、柔らかいお粥などの消化の良いものから徐々に食べる品目を増やしていきましょう。

 

体を十分に慣らしてから通常食に戻ることが、酵素ファスティングダイエットを成功させる必須条件なのです。せっかく苦労して何日間か我慢したダイエットですから、終わった後にも少し努力を続けて酵素ダイエット成功のゴール地点を迎えましょう。