肝硬変にはどんな症状がある?

肝硬変にはどんな症状がある?

肝臓 イラスト

肝硬変を発症してしまったとしても、最初から自分で症状を感じたりするというわけではありません。特に初期の肝硬変の場合、自覚症状がなくて、肝硬変になってしまっていることに気づかないという人がほとんどなのです。これは脂肪肝も同様です。

 

仮に症状が現れたとしても、見落としてしまうような症状になっている場合がほとんどです。どうして、気づかないのかというと、肝臓にある代謝機能によって気づかないようになっているのです。

 

肝臓の何かしらの機能に問題が生じてしまったとしても、代謝機能や他の機能によってカバーをしていくことになります。ですが、この代謝機能が途中で作用しなくなってしまうということだってあります。

 

代謝機能が疲労をしてしまったり、肝硬変が進行をしてしまうと、だんだん色々な症状が現れるようになってしまいます。肝硬変がもたらす症状を代謝機能が抑制しているケースのことを、代償性肝硬変と言います。そして、代謝機能によって抑制をすることができていない状態を、非代償性肝硬変ということになります。

 

代謝機能が働かなくなってくると、食欲不振や疲労感、体のだるさなどといった色々な症状が現れるようになってきます。

 

そして、だんだん肝臓が機能しなくなっていき、腹水や黄疸などといった症状が出てきて、体に異常が現れていることに気付くという場合が多いです。

 

肝臓対策におすすめのサイト