うつ病に効き目がある薬

うつ病に効き目がある薬

うつ病で病院に行くと処方される薬は、4つに大別されます。三環系、四環系、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)が、その4つ。

 

個人によって、どの薬が向くか副作用がないかなどを見極める必要があります。医師に処方されたとしても、体に合わないと感じたら遠慮なく申し出ましょう。別の薬を試してみることになり、一番良い薬を用いていくことになります。

 

最近話題になっているうつ病治療薬は、SSRIやSNRIです。効果が早く出やすく、副作用も少ないという意見が多いのです。しかし個人差はもちろんあり、三環系や四環系が良いという人もいます。口コミなどを鵜呑みにせず、自分で試して判断するのが一番です。

 

うつ病の薬は長期間にわたり服用していくため、副作用が起きる可能性が高くなります。また、その副作用の症状も薄毛・不妊など多岐にわたります。ですから長い目を見て、薬よりセロトニン配合のサプリを活用したいものですね。

 

セロトニンサプリについてはこちら⇒http://xn--tckdr6cp7evcwewa6dz009c.net/

 

2009年には、画期的なうつ病治療薬も誕生しました。それは、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)です。

 

うつ病は現代には非常に多い病であり、今後も増えていく一方だと見られています。そのため、研究開発も盛んに行われており、うつ病のための治療薬はたくさん存在しています。

 

通常は処方薬として販売されているため、うつ病で病院に通わない限りはお目にかからず目立たないだけなのです。医師による処方しか認められていない薬は特に、服用方法は守らなければなりません。

 

副作用に悩まされて、逆に症状が悪くなってしまうこともあるからです。勝手に薬をやめたり、併用したりといったことは避けておくようにしましょう。医師の注意をよく守ってこそ、効き目を実感できるのがうつ病の治療薬です。